日本語対応でおすすめの海外FX業者No.1は?日本人スタッフに日本語だけでトレードできる海外FX業者徹底検証

man
「日本語対応でおすすめの海外FX業者は、どこですか?」
「日本語対応でおすすめの海外FX業者は、どう探せば良いでしょうか?」
「日本語対応で海外FX業者を比較するポイントはどこになりますか?」

英語は話せない方、海外FXがはじめての初心者の方にとっては「日本語対応」というのは、海外FX業者を比較検討するうえで重要なポイントとなります。今回は、日本語対応でおすすめの海外FX業者をいろいろな角度から検証し、明らかにします。

海外FX業者の日本語対応の現状

海外FX業者の日本語対応の現状

一般的な海外FX業者の日本語対応の状況は、下記のようになっています。

日本人サポート

世界展開している海外FX業者は、世界各国の言語で、世界各国の投資家と対応しなければなりません。

そのため、

  • 日本担当
  • 韓国担当
  • 中国担当
    ・・

のように、各国出身のスタッフを雇用して、その国の投資家の日本語サポートを行っているのです。

日本人投資家に対してサービス提供をしている海外FX業者は、一部の海外FX業者を除いて、日本人スタッフを雇用している業者が多いのです。

基本的には、海外FX業者の規模にもよりますが日本人スタッフの数は、1名~2名というところが多いです。

日本人スタッフの数はどうやって決まるの?

  • その海外FX業者を利用する日本人投資家の数
  • その海外FX業者を利用する日本人投資家が世界全体の投資家の何%か?(シェア)
  • 海外FX業者の本社の都市、国に住んでいる日本人が多いか少ないか?

などが影響してきます。

teacher
例えば、ロシアのサンクトペテルブルグに本社がある海外FX業者「FBS」の場合、周辺にすぐ日本人が少ないため、なかなか日本人スタッフが採用できず、日本語が話せるロシア人が日本語サポートとして対応しています。

トレードプラットフォーム

ほとんどの海外FX業者は、MT4・MT5(メタトレーダー)を採用しているため、日本語対応は完ぺきにできています。

MT4・MT5(メタトレーダー)自体が日本語対応しているため、MT4・MT5(メタトレーダー)を採用している海外FX業者であれば、問題なく日本語でトレードが可能です。

ウェブサイト

ウェブサイトの日本語表示に関しては、海外FX業者各社の対応が分かれています。

ウェブサイトを日本語対応するかどうか?

主要な金融ライセンスを保有している海外FX業者の場合、日本人向けにサービス提供をするとその金融監督庁から「日本人投資家へサービス提供しないように」と指導されてしまいます。

そのため、

  • ウェブサイトは、日本語対応していない
  • 管理画面(マイページ)は、日本語対応する
  • 日本人投資家へのサービス提供はする

という方針で営業活動をしている海外FX業者もあるのです。口座開設しなくても見られるウェブサイトは、英語やその他の言語のみで表示できて、口座開設しないと見れないマイページは、日本語対応しているというケースです。

また、「日本人投資家へサービス提供しないように」と指導してこないマイナーな金融ライセンス、または法人登記のみの海外FX業者は

  • ウェブサイトも日本語対応する
  • 日本人投資家へのサービス提供はする

形で、積極的に日本人投資家にサービス提供しているのです。

利用規約

  • 個人情報保護方針
  • 利用規約
  • 取引規約
  • リスク開示
  • 金融サービスガイド
  • ポリシー
  • ボーナス利用規約

などの規約関係は、「英語のまま」という海外FX業者が多いです。

規約関連は、難しいビジネス英語が使われていることが多く、日本人スタッフが翻訳しようとしても、それにかなりの時間がかかってしまうこと、また頻繁に更新・変更されることも多いので、なかなか手を付けられないというのが現状です。

teacher
管理しているのが海外FX業者の法務部門の担当者であり、英語を勝手に日本語に直すことで発生するリスク(翻訳による問題)もあるため、気軽に日本語にできるものではないのです。

管理画面・マイページ

基本的には、日本語対応しているものが多いです。

ウェブサイトや規約と比較すると、文字などは少ないため、日本語対応する労力があまり必要ない分、日本語対応されている海外FX業者が多いです。

教育コンテンツ

教育コンテンツも、世界的に配信しているものが多いです。

  • 経済ニュース
  • 分析レポート
  • シグナル配信
  • チュートリアル
  • チュートリアル動画

などです。

teacher
世界標準の英語で配信されているサービスが多い(外部のサービスを利用していることも多い)ため、日本語化するのには大きな労力がかかることと、日々配信されるものが多いため、毎日日本語化するには、かなり大きな労力がかかり、1名、2名の日本人スタッフでは手が回らないのが現状です。

入金・出金の決済画面

一部、マイナーな国際決済サービスを利用する場合、一部の海外FX業者では、日本語対応していない入金・出金の決済画面を使っているケースもあります。

日本語対応していなくても、書いてあることはわかるはずですので、使う分には大きな問題はありません。

日本語対応で海外FX業者を比較するポイント

日本語対応で海外FX業者を比較するポイント

ポイントその1.日本人スタッフの数が多い

海外FX業者を日本語対応で選ぶときにももっとも重要なのは「日本人スタッフの数」です。

日本人スタッフの数が1名しかいないと

  • 辞めてしまった後の引継ぎが外国人になる
  • 24時間サポートと言っても、日本人が対応する時間帯は限られてしまう
  • 海外FX業者が日本市場から撤退しやすい

など、多くの不具合が発生してしまうのです。

日本人スタッフの数は、2名以上在籍している海外FX業者がおすすめです。
teacher

実際に日本人スタッフの数は、常に変動してしまうので、確認するのは簡単ではありませんが、サポートと頻繁に連絡をしたり、サポートの方にそれとなく「日本人の方って○○さんと何名ぐらいでやられているのですか?」と聞いてみると確実な数字がわかります。

  • いつも同じ日本人担当者
  • チャット問い合わせなど時間帯によっては担当者不在(外国人サポートが担当)

という場合は、日本人スタッフの数が1名しかいない海外FX業者の可能性があります。

ポイントその2.教育コンテンツの日本語対応

せっかく、質の良い教育コンテンツを用意ししても

  • 英語なので分析レポートが読めない
  • 英語の動画は見る気がしない
  • 英語なので配信シグナルの細かいニュアンスがわからない
  • 英語なのでウェビナーに参加しても内容がわからない

となると、教育コンテンツがないと同じことになってしまいます。

とくにトレードに直結する分析レポートや配信シグナルは、細かい日本語訳の違いで結果が変わってしまうので、google翻訳などである程度の理解はできても、実際にトレードするまでの理解にならないことも多いのです。
teacher
教育コンテンツが日本語化されている海外FX業者は、翻訳できる日本人スタッフの数がいることの証左でもあるため、おすすめです。

ポイントその3.MT4・MT5を利用している海外FX業者を選ぶ

9割以上の海外FX業者は、MT4・MT5(メタトレーダー)を採用しているので問題はないのですが、まれにMT4・MT5(メタトレーダー)以外のトレードプラットフォームしかつかない海外FX業者もあります。

MT4・MT5(メタトレーダー)以外のトレードプラットフォームでも、日本語対応はされているのですが、日本語で使い方を解説しているブログなどがほとんどないため、実際にトレードするときに情報が少なく苦労することになってしまうのです。

MT4・MT5(メタトレーダー)を採用している海外FX業者をおすすめします。

ポイントその4.ボーナスの説明が丁寧に書いてある海外FX業者を選ぶ

正確に理解しておかないとトラブルになりやすいのがボーナスです。

  • ボーナスの対象者
  • ボーナスの付与条件
  • ボーナスの出金条件
  • ボーナスの対象時期

これが英語だけのサイトなどでは、いくらgoogle翻訳を駆使しても、意味が分からないものも少なくありません。

  • ボーナスの条件が詳しく日本語でウェブサイトに記載されている
  • ボーナスの利用規約が日本語で記載されている

海外FX業者を選ぶと、ボーナスに関するトラブルや失敗、認識違いを回避することができます。

ポイントその5.サポートの日本人スタッフからの返信が早い

日本語サポートの質というのは

  • サポートへの問い合わせに対する返信スピード
  • サポートへの問い合わせに対する返信のわかりやすさ・情報の質

に依存します。

トレードをしていて不具合が出てから、サポートに連絡しているのに

  • 返信が翌日になってしまう
  • 返信が英語
  • 返信のないようがわかりにくい

では意味がないのです。

teacher
実際にサポートへの問い合わせをしてみて、日本語での返信、返信スピードの早い、返信内容のわかりやすい海外FX業者を選ぶと良いでしょう。

日本語対応でおすすめの海外FX業者No.1は?

日本語対応でおすすめの海外FX業者No.1は?

XMTrading(エックスエムトレーディング)

をおすすめします。

口座の種類スタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.50
平均スプレッド
米ドル/円
1.60
最大レバレッジ888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
約定力99.35%を1秒以内に約定
執行率100%
リクオート・注文拒否なし
最低入金額500円相当

XMTrading(エックスエムトレーディング)は

  • 日本人スタッフが10名以上
  • 事業歴が10年以上
  • 日本人投資家が一番利用している海外FX業者
  • 平日24時間の日本語サポート
  • 配信シグナルも日本語
  • 入金・出金の決済画面も日本語
  • ウェブサイトも日本語
  • 管理画面、マイページも日本語
  • ボーナスの利用条件の説明も、日本語で詳細
  • デイリーマーケット分析ビデオも日本語
  • 動画チュートリアルも日本語
  • 日本人講師によるウェビナー開催
  • MT4・MT5(メタトレーダー)を採用

と、ほぼすべての日本語対応ができている海外FX業者と言えます。

日本語の配信シグナル
日本語の配信シグナル
日本人講師によるウェビナー
日本人講師によるウェビナー
デイリーマーケット分析ビデオ

動画チュートリアル

また、XMTradingは世界レベルで見たときに大企業というレベルの海外FX業者ではありませんが、世界各国の投資家の中で、日本人投資家が占める割合がかなり多いため、日本人市場からの撤退はしないとサポート担当者から直接伺っています。

金融ライセンスも、何度が変わっていますが、日本人市場からの撤退をせずに子会社を作ったりしながら、回避し続けて、10年以上の事業歴(日本人投資家へのサービス提供歴)を誇ります。

今後も利用し続けられる安心感がある海外FX業者という点も、日本語でトレードできるという意味では、大きな魅力なのです。

次点としては

直接、複数名の日本人担当者にお会いしたことがあり、事業歴も長い海外FX業者で、かつXMTradinguよりも、スプレッドが狭い、約定力が高い海外FX業者として

  • AXIORY
  • TitanFX

をおすすめします。

AXIORY

口座の種類ナノスプレッド口座/MT4/ECN
取引手数料
(pips換算:片道)
0.30
最小スプレッド
米ドル/円
0.10
平均スプレッド
米ドル/円
0.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
最低入金額2万円相当
  • 2名以上直接日本人スタッフとお会いしている
  • 事業歴が10年以上
  • 平日9:00~24:00の日本語サポート
  • マーケットニュースも日本語
  • 入金・出金の決済画面も日本語
  • ウェブサイトも日本語
  • 管理画面、マイページも日本語
  • MT4・MT5(メタトレーダー)を採用

TitanFX

口座の種類Zeroスタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.33
最大レバレッジ500倍
約定力ミリ秒単位の約定スピード
最低入金額2万円相当
  • 2名以上直接日本人スタッフとお会いしている
  • 事業歴が7年以上
  • 平日24時間の日本語サポート
  • ニュースも日本語
  • デイリー分析レポートも日本語
  • 入金・出金の決済画面も日本語
  • ウェブサイトも日本語
  • 管理画面、マイページも日本語
  • MT4・MT5(メタトレーダー)を採用
teacher

ただ日本語対応をしているというだけでは不十分で、日本語対応をしていながらも、日本人投資家向けのサービス提供に力を入れている海外FX業者が、日本語で安心してトレードできる海外FX業者と言えます。

上記の海外FX業者は、日本人市場から撤退せずに誠実なサービス提供が期待できる海外FX業者と考えられます。まずは、複数の海外FX業者を使いながら、ご自身でサポートとコミュニケーションを取ってみて、信頼できる海外FX業者かどうか判断するのが望ましいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です