失敗しない!海外FX業者・FX海外口座の選び方。稼いでいる投資家はどの海外FX業者・FX海外口座を使っているのか?

man
「海外FX業者ってどうやって選べば良いの?」
「FX海外口座の選び方を教えて欲しい。」
「海外FX業者選びで失敗したくない。」
・・

海外FXの利用を検討している方、利用している方、ともに知りたいのは「稼いでいる投資家はどの海外FX業者・FX海外口座を使っているのか?」とその理由なのではないでしょうか今回は、海外FX業者・FX海外口座の選び方について、投資家の実際の海外FX業者・FX海外口座の利用状況を踏まえ、解説していきます。

失敗しない「海外FX業者の選び方」

失敗しない「海外FX業者の選び方」

まず、「失敗しない」というのが、何を持って「失敗」とするのかによって、選ぶべき海外FX業者は変わってきます。

「失敗 = 海外FX業者の倒産、お金が戻ってこない」ことであれば

倒産リスクの低い、海外FX業者を選ぶべき

ですが

「失敗 = 海外FX業者の出金拒否に遭う」ことであれば

出金拒否をしていない、海外FX業者を選ぶべき

「失敗 = 海外FX業者で損失を出す」ことであれば

スプレッドが狭く、約定力の高い、海外FX業者を選ぶべき

となります。

投資家によって、何を重視するのかは異なり、失敗の定義も異なるのです。

海外FX歴10年の筆者の見解では

海外FXは、国内FXと比較して

  • レバレッジ制限がない
  • 追証がない
  • トレードの透明性が高い
  • MT4・MT5が使える
  • ボーナスがある
  • トレードできる口座通貨、CFD、仮想通貨などが多い

というメリットがある反面

  • スプレッドが広い
  • 税金面での優遇がない

というデメリットがある投資となります。

もともと、海外FXをやろうとしている投資家にとっては

海外FXの「スプレッドの広さ」は織り込み済みで、それよりも「ハイレバレッジトレード」「追証なし」「MT4・MT5が使える」「ボーナスがある」ということを重視した。

ということに他なりません。

teacher

だとするのであれば

  • 最大レバレッジが大きい
  • 倒産しにくい(=企業規模と日本人向けのサービス提供歴が長い)
  • 出金拒否がない(=金融ライセンスを保有している)
  • 日本人サポートが充実している
  • MT4・MT5が使える
  • ボーナスがある

海外FX業者を第一に考えるべきです。

実際に海外FXプロが行っている投資家調査では

海外FXを利用中の投資家:629人へのアンケート調査で

利益を出している方の割合:64.5%
50万円以上の利益を出している方の割合:26.6%
100万円以上の利益を出している方の割合:18.9%

50万円以上の利益を出している投資家が利用している海外FX業者

順位使っている海外FX業者回答数割合
1位XM94人59.10%
2位iFOREX13人8.20%
3位AXIORY8人5.00%
4位TitanFX8人5.00%
5位FxPro8人5.00%
6位LAND-FX7人4.40%
7位FBS7人4.40%
8位FXDD5人3.10%
9位GEMFOREX2人1.30%
10位eToro1人0.60%

100万円以上の利益を出している投資家が利用している海外FX業者

順位使っている海外FX業者回答数割合
1位XM69人60.50%
2位LAND-FX7人6.10%
3位iFOREX7人6.10%
4位FxPro6人5.30%
5位AXIORY5人4.40%
6位FBS4人3.50%
7位TitanFX4人3.50%
8位FXDD4人3.50%
9位GEMFOREX2人1.80%
10位eToro1人0.90%

という結果が出ています。

利益を出している投資家であっても、使っている海外FX業者は、スプレッドが広めの「XM(エックスエム)」なのです。

利益を出せている投資家ほど、スプレッドの狭いマイナーな海外FX業者を利用しているイメージがあるかもしれませんが、それは間違えで、利益を出している投資家も、メジャーな海外FX業者「XM(エックスエム)」を利用しているのです。

口座の種類スタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.80
最大レバレッジ888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
約定力99.35%を1秒以内に約定
最低入金額500円相当

しかも、「XM(エックスエム)」利用者の割合は

  • 投資家全体 → 「XM(エックスエム)」利用者:57.3%
  • 50万円以上の利益をあげる投資家 → 「XM(エックスエム)」利用者:59.1%
  • 100万円以上の利益をあげる投資家 → 「XM(エックスエム)」利用者:60.5%

ですから、稼ぐ投資家ほど「XM(エックスエム)」利用者の割合は高くなっているのです。

これは

海外FXで稼ぐのであれば、「スプレッドの狭さ」よりも、安心して、安定して利用できる海外FX業者の方が良い

ということを示しています。

さらに海外FXの経験が積みあがっていけば

「XM(エックスエム)」をメインの海外FX業者として

  • LAND-FX
  • AXIORY
  • TitanFX

などの「海外FXの中では狭いスプレッド、高い約定力」がある海外FX業者を併用していくべきなのです。

「XM(エックスエム)」と「LAND-FX」「AXIORY」「TitanFX」ではスプレッドが下記のように違いがあります。

同環境の調査データで

米ドル/円の平均スプレッド(2019年7月の月平均)

  • XM:1.90pips
  • AXIORY:1.40pips
  • TitanFX:1.30pips
  • LAND-FX:1.00pips

と「LAND-FX」「AXIORY」「TitanFX」の方が0.5pips~0.9pipsスプレッドが狭いのです。

海外FX業者を選ぶ際の選択肢としては

  • メインで利用するのは、信頼性が高く、稼ぐ投資家も多くが利用している「XM(エックスエム)」
  • サブとして利用するのは、スプレッドが狭く、約定力の高い「LAND-FX」「AXIORY」「TitanFX」

と考えると良いでしょう。

メイン口座としておすすめの海外FX業者
口座の種類スタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.80
最大レバレッジ888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
約定力99.35%を1秒以内に約定
最低入金額500円相当
サブ口座としておすすめの海外FX業者
口座の種類Zeroスタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.33
最大レバレッジ500倍
約定力ミリ秒単位の約定スピード
最低入金額2万円相当
口座の種類ナノスプレッド口座/MT4/ECN
取引手数料
(pips換算:片道)
0.30
最小スプレッド
米ドル/円
0.10
平均スプレッド
米ドル/円
0.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
最低入金額2万円相当
口座の種類スタンダード口座/MT4/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.10
平均スプレッド
米ドル/円
1.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
最低入金額2万円相当

失敗しない「FX海外口座の選び方」

失敗しない「FX海外口座の選び方」
man
「海外FX業者を選んだ後に口座を選ぶと思いますが、口座はどういう種類の口座を選ぶのが良いですか?」

海外FX業者の場合は、下記の種類の口座を提供していることが多いです。

口座の種類

初心者用の口座

名称:ビギナー口座、マイクロ口座

特徴
  • 最大レバレッジが大きい
  • 最低入金額が小さい
  • 最低取引量が小さい
  • スプレッドが広い

一般的な口座

名称:スタンダード口座、ノーマル口座

特徴
  • 最大レバレッジが平均的な設定
  • 最低入金額が平均的な設定
  • 最低取引量が平均的な設定
  • スプレッドが平均的な設定

上級者向けの口座

名称:プロ口座、エグゼクティブ口座

特徴
  • 最大レバレッジが小さい
  • 最低入金額が高い
  • 最低取引量が高い
  • スプレッドが狭い

ECN口座

名称:ECN口座、ゼロスプレッド口座

特徴
  • スプレッドが狭い
  • 取引手数料が発生する

「トレードコストの安さ」で考えると

  • 上級者向けの口座(プロ口座、エグゼクティブ口座)
  • ECN口座(ECN口座、ゼロスプレッド口座)
  • 一般的な口座(スタンダード口座、ノーマル口座)
  • 初心者用の口座(ビギナー口座、マイクロ口座)

となっているため

利用できるなら(口座の利用条件がクリアできるのであれば)

  • 上級者向けの口座(プロ口座、エグゼクティブ口座)
  • ECN口座(ECN口座、ゼロスプレッド口座)

を選ぶと良いでしょう。

teacher

前述した通りで、海外FX業者を選ぶ際に「スプレッドの狭さ」はある程度外して、「信頼性」で選ぶべきと回答しましたが

海外FX業者が決まったうえで、海外FX口座を選ぶのであれば

「スプレッドが狭い」口座の方が有利

と考えます。

ただし、

  • 上級者向けの口座(プロ口座、エグゼクティブ口座)
  • ECN口座(ECN口座、ゼロスプレッド口座)

の場合は

  • 最低入金額が10万円以上
  • 最小取引ロット0.1ロット(1万通貨)

のような条件がある口座がほとんどですので

woman
「そんなに投資資金がない」
「一回の取引量は1000通貨程度に抑えたい。」

という方は

  • 一般的な口座(スタンダード口座、ノーマル口座)

を選ぶと良いでしょう。

本当に初心者であっても、「初心者用の口座(ビギナー口座、マイクロ口座)」は選ぶべきではありません。

スプレッドがかなり広めに設定しているので、初心者では利益を出しにくい設定になっているからです。

teacher
一般的な口座(スタンダード口座、ノーマル口座)は、それほど高い条件設定がされているわけでもありませんので、初心者の方でも、無理なくトレードができるはずです。

一般的な口座(スタンダード口座、ノーマル口座)とECN口座(ECN口座、ゼロスプレッド口座)はどちらが有利なの?

ECN口座(ECN口座、ゼロスプレッド口座)の方がスプレッドが狭い設定が多いです。

「XM(エックスエム)」

同環境の調査データで

米ドル/円の平均スプレッド(2019年7月の月平均)

  • XM:1.90pips
  • XM_ZERO($5):0.30pips
  • AXIORY:1.40pips
  • AXIORY_ECN($3):0.50pips

という結果があります。

  • XMゼロ口座 取引手数料:5ドル(往復1.0pips相当)
  • AXIORYECN口座 取引手数料:3ドル(往復0.6pips相当)

ですから、取引手数料をスプレッドに換算すると

  • XM スタンダード口座:1.9pips
  • XM ゼロ口座:1.3pips
  • AXIORY スタンダード口座:1.40pips
  • AXIORY ECN口座:1.10pips

となり、ECN口座(ECN口座、ゼロスプレッド口座)の方がスプレッドが狭い設定になっているのです。

FX海外口座を選ぶ際の選択肢としては

利用条件がクリアできれば

  • 上級者向けの口座(プロ口座、エグゼクティブ口座)
  • ECN口座(ECN口座、ゼロスプレッド口座)

を選ぶ

そうでない場合は

  • 一般的な口座(スタンダード口座、ノーマル口座)

を選び、「初心者用の口座(ビギナー口座、マイクロ口座)」は選ばない

ことをおすすめします。

teacher
一般的な口座(スタンダード口座、ノーマル口座)を利用していた方も、利益が安定して出るようになり、資金が増えてきたら、タイミングを見て「上級者向けの口座(プロ口座、エグゼクティブ口座)」「ECN口座(ECN口座、ゼロスプレッド口座)」に切り替えましょう。

海外FXの経験が上がってきたら、考えるべきこと

上記の方法で海外FX業者、海外FX口座の利用経験が積みあがってきたら、考えるべきことがあります。

複数の海外FX業者、海外FX口座を併用するポートフォリオを作ること

です。

海外FX業者にも、その業者、その口座の特色というものがあります。

  • 米ドル関連の通貨ペアのスプレッドが狭い海外FX業者
  • ユーロ関連の通貨ペアのスプレッドが狭い海外FX業者
  • 豪ドル関連の通貨ペアのスプレッドが狭い海外FX業者
  • コピートレードが強い海外FX業者
  • ボーナスが手厚い海外FX業者
  • トレードコンテストが手厚い海外FX業者
  • MT5が使える海外FX業者
  • cTraderが使える海外FX業者
  • 無料でVPSサーバーが使える海外FX業者
  • PAMM口座が使える海外FX業者
  • CFD取引ができる海外FX業者
  • 仮想通貨取引ができる海外FX業者
  • 国内送金による出金ができる海外FX業者
    ・・
信頼性という意味では「XM(エックスエム)」がおすすめですが、自分のトレードスタイルが固まり、安定した利益が出せるようになってきたら、別の視点で海外FX業者を選ぶことも「利益を最大化する」ためには必要になるのです。

ただし、一気に切り替えてしまって、「海外FX業者が倒産して、資金が戻ってこない。」となると最悪ですので

ポートフォリオを作って、複数の海外FX業者(FX海外口座)を併用するべきなのです。

  • 信頼性は高いがスプレッドが広い海外FX業者:50%
  • 信頼性は低いがスプレッドが狭い海外FX業者:30%
  • コピートレードが利用できる海外FX業者:10%
  • ボーナスが手厚い海外FX業者:10%

というように資産を振り分けて、併用しておくべきなのです。

複数の海外FX業者(FX海外口座)を併用していると、海外FX業者のサポート担当から、ほかの海外FX業者の評判や危ない場合の注意喚起をもらうこともあります。

teacher
投資の格言の「卵は一つのカゴに盛るな」というのは、海外FX業者選び、FX海外口座選びでも、実践すべきものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です