海外FXはたった500円ではじめられる。国内FX会社よりもお手軽な事実

money3128 128

海外FXはたった500円ではじめられる。国内FX会社よりもお手軽な事実

money3128 128海外FXって、ハードルが高いイメージではないでしょうか。「海外FXで数百万円の資金があるお金持ちのプロFXトレーダーがやるやつでしょ?」なんて、考えている方も多いのではないでしょうか?

実は、国内FX会社よりも、海外FX業者の方がハードルは低いのです。しかも、大きく儲けられる可能性が高いのです。

「透明性の高さ」や「プラットフォームの充実度」「約定力」などを重視して、中級者以上のトレーダーが海外FXを利用する方も多いのですが、逆にお小遣いで投資をするサラリーマンや家計をやりくりして浮いた分でトレードする専業主婦なども、海外FXをしている方が多いのです。

海外FX会社の最低入金額は「5ドル」

海外FX会社の場合、最低入金額は5ドル(500円)のFX会社があります。

XM(エックスエム)

では、たった500円、ワンコインでトレードを開始することができます。

他にも1ドル(100円)からトレード可能という海外FX会社もあるぐらいです。

しかも、最低取引量は10通貨からトレードが可能です。

日本国内のFX会社の場合 → 1枚(10000通貨)が最低取引量に設定されています。

最近では小口の投資家向けに「1000通貨単位のFXができる!」というFX会社も増えてきています。

しかし、XM(エックスエム)の場合にはさらにその100分の1の「10通貨」でトレードが可能なのです。

国内FX会社よりも、XM(エックスエム)の方が少ないレートでFXを楽しむことができるのです。

海外FX会社は資金が少なくてもレバレッジが大きいので儲けられるチャンスが大きい

さらに言えば、国内FX会社で500円の資金でトレードをしたとしても、最大レバレッジは25倍なので、12500円分のトレードしかできません。仮に為替レートが予想通りに1%動いたとしても、125円です。これではいくら少ない資金でトレードできると言っても、夢がありません。

しかし、海外FX会社の場合はレバレッジ規制がないため、最大レバレッジは一番大きな海外FX会社で2000倍までトレードが可能です。

XM(エックスエム)の場合、最低入金額が5ドルの口座で最大レバレッジが888倍です。

同じ500円でトレードをしたとしたら

  • 国内FX会社 → 最大12,500円分のトレード
  • XM(エックスエム) → 最大444,000円分のトレード

が可能になるのです。

1ドル=100円の時に

44万4000円分でドルをロングでエントリーをした場合、4440ドルを保有することになります。

1ドル=101円になったときに売却したとしたら

4440ドルは、448,400円になっています。

つまり、約4400円も設けられることになります。

500円の投資でも、為替レートが1円動いただけで約9倍の4400円分の儲けになる可能性があるのです。

もちろん、レバレッジが高いということは、逆方向に相場が動いてしまったら、すぐに強制ロスカットになってしまいますが、損するのは500円だけです。

海外FX会社の場合、追証もないため、損をするのは証拠金の範囲内に限定されているのです。

500円でトレードをしたら、最大でも500円しか損はしないのです。

500円なら毎日トレードしても、1ヶ月10,000円にしかならないので、サラリーマンのお小遣いでも、主婦のへそくりでも、十分に楽しめるのです。

まとめ

海外FXでは

  • 最低入金額が500円から可能
  • 最低取引量も10通貨から可能

と参加ハードルが実際には国内FX会社よりも低く設定されています。(※海外FX会社によって設定は異なります。)

しかも、レバレッジ規制の対象外で1000倍ほどのレバレッジでトレードができるので、少ない資金の投資家であったとしても、大きく儲けられる可能性があるのです。

  • レバレッジ規制の対象外で海外FX会社によっては最大1000倍ぐらいの設定が可能
  • 追証がないため損失も証拠金の範囲に限定される

少ない資金でも、大きく儲けられる可能性があることから、海外FXは中級者以上の投資家だけでなく、副業でFXをするトレーダーや専業主婦トレーダーの人気が年々高まっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です