海外FXのスプレッドは?

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 Rating 4.50
海外FXのスプレッドは? - 4.5 out of 5 based on 2 reviews

海外FXのスプレッドは?

money3128 128海外FXのスプレッドは、いったいどうなっているのでしょうか?ここでは海外FXのスプレッドについて解説します。

海外FXのスプレッドは広め

国内FXと比較すると海外FXではスプレッドは広めに設定されています。

  • 国内FX会社:米ドル/円 0.3銭(pips)~
  • 海外FX会社:米ドル/円 1.0銭(pips)~

がスプレッドの相場になっています。

なぜ、海外FX会社はスプレッドが国内FXよりも広くなっているのでしょうか?

理由は取引方法の違いにあります。

国内FX会社はOTC取引(相対取引・店頭取引)という方法を採用しているのですが、これは投資家が注文を発注したとしても、実際にインターバンク市場(銀行が通貨を取引する市場)では実際の取引は行わずに、FX会社が注文を呑む形の取引方法なのです。

実際に取引をしていないので国内FX会社はコストも発生しません。つまり、極端に言えばスプレッド0.0銭でもやっていける取引方法なのです。

しかし、海外FX会社はNDD取引(ノン・ディーリング・デスク)を採用しています。これは投資家の注文にFX会社は介在せず、そのままインターバンク市場で注文を出し、取引をする方法になります。実際に投資家の注文通りに通貨の取引が行われるので、その分のコストがどうしてもスプレッドとして発生してしまうので、その分スプレッドが広くなってしまうのです。

これだけ見ると、海外FX会社よりも、国内FX会社の方が投資家にとってメリットが多いように感じてしまいますが、実際には注文通りに為替取引を行わない国内FX会社は、スプレッドは狭いものの投資家が損をすると国内FX会社が儲かる、利益相反の関係になってしまうため、「ストップ狩」「レートずらし」「故意のスリッページ」など投資家に不利になるような操作が裏で行われているリスクがあるのです。非常に透明性の低い取引方法と言えます。

海外FX会社はスプレッドは広いのですが、投資家の注文通りに為替取引が実際に行われるため、海外FX会社が儲けるためには取引量を増やすしかありません。取引量を増やすためには投資家に儲けてもらうしか方法がないので、投資家がトレードをして勝てるようなサービスが豊富なのです。「ボーナス」「ポイント」「アナリストレポート」など、投資家にメリットがあるサービスが海外FX会社の方が豊富なのです。

海外FXのスプレッドの表記に注意

海外FXのスプレッドの表記方法が海外FX会社によって違います。その違いを知らずに海外FXを選んでしまうと、損をしてしまうことになりかねません。

海外FXの固定スプレッドと変動スプレッド

海外FXには、固定スプレッドと変動スプレッドというものがあります。固定スプレッドは文字通り、いつでも同じスプレッド幅なので安心して取引が可能です。変動スプレッドは、取引状態によってスプレッドが変動するため、指標発表時など、取引が集中するタイミングなどではスプレッド幅が大きくなるケースがあります。しかし、その分最少のスプレッドの時は固定スプレッドよりも低いスプレッドになるのです。

全体的には固定スプレッドの海外FX会社は少ないです。基本的には変動スプレッドの海外FX会社が多いのですが、変動スプレッド同士を比較する上でも注意すべきポイントがあります。

最小スプレッドと平均スプレッド

海外FXの変動スプレッドには、最小スプレッドと平均スプレッドというものがあります。

最小スプレッドがどんなに狭くても、実際にどのくらいのスプレッドでトレードできるか?わかりません。このような場合には最小スプレッドではなく、平均スプレッドで比較するべきなのです。

例えば

  • 海外FX会社A社 最小スプレッド 0.2pips~ 平均スプレッド 1.2pips
  • 海外FX会社B社 最小スプレッド 0.5pips~ 平均スプレッド 1.0pips

という場合には、最小スプレッドで見れば、海外FX会社A社の方がメリットがありそうなのですが、平均スプレッドで見ると海外FX会社B社の方スプレッドが狭い為、基本的に海外FX会社B社の方を選ぶべきなのです。

固定スプレッドと変動スプレッドを比較する場合にも、最小スプレッドではなく、平均スプレッドで比較することをおすすめします。

海外FX会社では最小スプレッドしか記載していない海外FX会社もありますが、その場合は透明性の低い海外FX会社と判断せざるを得ないのです。

海外FXの取引手数料とスプレッドの関係

海外FXでは、取引手数料は一般的に無料になっていることが多いのですが、最近ではECN口座などで取引手数料が有料の口座を用意している海外FX会社もあるのです。取引手数料が有料な口座の場合は、スプレッドは非常に狭く設定されているのですが、その分手数料がかかっているため、トレードコストを合算してスプレッドを比較する必要があります。

  • 海外FX会社A社 取引手数料無料 米ドル/円 1.0pips~
  • 海外FX会社B社 取引手数料片道5ドル/ロット 米ドル/円 0.1pips~ 

となっている場合、取引手数料は1ロットが10万通貨取引で往復1ドル=0.1pipsに換算して計算すると良いのです。

  • 海外FX会社B社 片道5ドル/ロット → 往復10ドル → 1.0pips

なのでスプレッドに換算して足し算をすると

  • 米ドル/円 0.1pips~  → 米ドル/円 1.1pips~ 

となるのです。この場合、海外FX会社A社の方がトレードコストはやすいということになります。

海外FXのスプレッドは取引する通貨ペアで比べる

海外FXのスプレッドは、米ドル/円だけで決めるものではありません。

トレードをする通貨ペアで一番スプレッドが狭い海外FX会社を比較する必要があるのです。

とくに海外FXのスプレッドというのはカバー先の金融機関の数が多ければ多いほど、有利な価格が提示されるものです。当然、オーストラリアの業者であればオーストラリアのカバー先、ヨーロッパの業者だればヨーロッパのカバー先が多く、取引量も増えるため、その分その通貨ペアでのスプレッドが狭くなるのです。

米ドル/円でスプレッドが狭い海外FX会社とユーロ/ドルでスプレッドが狭い海外FX会社は違うということです。

自分のトレードスタイルの主戦場でスプレッドが狭い海外FX会社をえらびましょう。

この記事が役に立ったと思う方は「いいね」をしていただけると嬉しいです

海外FX最新記事

海外FX/FBS 海外FX/FBS FBSは、ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)に認可されている海外FX会社です、ロシアの非営利自己規制団体(CRFIN)の金 [ ... ]

海外FX/FBS 海外FX/FBSベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)に認可された海外FX会社 2009年からサービス提供 年間合計で70万人を超える投資家 [ ... ]

海外FX/AXIORY 海外FX/AXIORY AXIORYは、ベリーズ国際金融サービス委員会IFSCに認可された海外FX会社です。世界8か国でサービス展開しています。 AXIORY [ ... ]

海外FX/AXIORY 海外FX/AXIORYベリーズ国際金融サービス委員会IFSCに認可された海外FX会社 「スプレッドの狭さ業界1位」を目指している会社 情報 [ ... ]

海外FXの入金方法とは? 海外FXをはじめるにあたって、口座開設の次にしなければならないのは、開設した口座への入金です。入金が完了しなけれ [ ... ]

    おすすめ海外FX会社

    1位:XM(エックスエム)
    XM logo

    • 日本人シェア1位の海外FX
    • 99.35%を1秒以内に執行
    • 米ドル/円0.4pips~


    2位:AXIORY
    AXIORY logo

    • ECN口座で狭スプレッドを実現
    • 完全信託保全
    • 情報公開・透明性の高い海外FX会社


    3位:FBS
    FBS logo

    • 口座開設:123ドルボーナス
    • 最大レバレッジ:3000倍
    • 完全信託保全

    海外FXおすすめサイト

    トップ 海外FXの基本 海外FXのスプレッドは?